検体測定室を定期イベント導入する企業レポート#01

2018.07.30 Mon

日本初の「体・脳・心」全身を鍛えるフィットネス
イトマングランドフィットネス様(神奈川県横浜市都筑区)で
2018年7月~検体測定室の 定期導入が Start しました!!
プレ導入として開催した
OPENING導入2週間(2018.6月)で 測定された方の中には、
早くも、血液測定にて 驚きの具現化を 成される方がいらっしゃいました!

日本初となる「脳・体・心」の 総合トレーニングを通じて、
より長く 豊かな生活を送れるよう誕生した
全く新しいフィットネス!
それが イトマングランドフィットネス (敬称略)。

今や、体組成測定器や 血圧計を備えるフィットネスは珍しくないが
姿勢計測器 ブレイン(脳)チェック血液測定(検体測定室)
備えるフィットネスは 存在したでしょうか。

特に検体測定室といえば、薬局やドラッグストアを
イメージされる方も 多いかもしれません。

ではなぜ、イトマングランドフィットネスが
検体測定室を『 毎月 』『 定期 』開催されるのか…
…詳しくは、当社サイトNEWS記事 より ご覧いただけます。

今回は、2018.7.22(日) 第1回 開催中の
驚きの大変嬉しい事例について、お伝えしたいと思います。

素敵なお客様の、素敵すぎる 頑張りの具現化 について
↓↓↓

この変化には、受検者様だけでなく我々測定スタッフも
正直、とても驚きました!

44日間でこれほどにも下がるとは……。

検体測定室では、ただ測るだけではなく
自身の 血液測定の結果に応じて、

☑ ターゲット は?

☑ 自身の生活リズムの中で 出来るものは

☑ 今一番 、変えるべきものは?

これら、個別に何通りも 存在する課題について
自分にとって ベストな選択を、
医療有資格者のアドバイスを聞きつつ 見極める事ができます

この方が選択した手段は、HbA1cを下げるべく、
夕食の糖質offと、
筋肉量は もちあわせていらっしゃる為、
ピンポイントな筋トレよりも
エネルギー消費をメインとする 運動コンテンツを選択。

健康診断の結果で、単に「高め」と書かれていても
何をしたら、その項目を減らす事が出来るか……、
調べても、
自身には当てはまらないものだったり、
興味が湧かないものだったり……。

そう、最大の難関は、頑張り続かずの『ドロップアウト』。

健康診断は 年に1回という方が 多い様ですが、
1年後に 向かって
 「HbA1cを●●まで下げよう!」
と目標を立て実践される方も多いのでしょうか?

実は、成功に導くコツは、目標を達成し易い位置におくこと、
すなわち、
目標達成度合いの確認日を
細かく区切ることが 無理なく
ドロップアウトせず成功できる コツなのです。

イトマングランドフィットネスでは、
「脳・体・心」のトータルケアを目指し、
日々、お客様とのコミュニケーションを大切に、
お一人お一人、向き合ってサポートしておられます。

だからこそ、お一人お一人の成功について、
一緒に喜ぶことができるのでしょう。
HbA1cだけでなく、体重も整い始めたこの方の変化を、
ご本人に勝るとも劣らない表情で、まるで自分のことのように
喜ぶスタッフさんのお顔が印象的でした。

この場をお借りし
素敵な喜びを一緒にさせて頂いた、受検者様へ、
温かく見守り支える、施設のスタッフ皆様へ、
今回初めて測定され、色々なお話で元気を下さった受検者様へ、
心より御礼申し上げます。

より身近な 生活の沿線上で、検体測定室を利用し、
自己管理を 楽しんで頂きたいから。
そして、それを支える 健康サポーターを増やしたいから。

私たちリテラブーストは この想いで、
医療現場で培ってきた 経験と知識を、
医療機関外でも 必要とされている方と共有していける様、務めて参ります。