検体測定室🔗『健康博覧会2018』in東京ビッグサイト ~ご報告~

2018.02.11 Sun

テーマ「健康寿命延伸」年1度の健康産業最大ビジネストレードショー
『健康博覧会2018』にて、検体測定室を運営しました!(ご報告)

画像をクリックすると関連サイトをご覧いただけます。本展は、健康寿命の延伸に関わる製品/サービスを一堂に会した
国内最大級のビジネストレードショーであり、
企業間の商取引を目的としたビジネストレードショーです。
お名刺をお持ちでないかた、16歳未満の方および業界関係者以外のご入場はできません。
詳しくは「健康博覧会事務局」ホームページをご覧ください。

多種多様な企業により、健康寿命について日々新しい発想が生み出されている昨今ですが、
その動向を一気に情報収集できる場『健康博覧会』。
今回、私たちは、当日出店される 株式会社エル・スマイル様 のブース内で
検体測定室 を運営させて頂きました!
(厚生労働省医政局 届出番号 短1945号『 エル・スマイル検体測定室 』)

 
開催まで、全4回に渡り、私共が注目する見どころをお伝えして参りましたが、
開催当日、ブースにお越し頂いた法人様や一般来場者様も、
皆様、熱いお考えのある方ばかりで 驚きの数々でした。
まさに、見どころとして4回のうちにお伝えしていた部分について、
実際に沢山の方々が口に出されていらしたのですから。

中でも多くご質問を頂戴したのが、非襲撃的な血糖測定機器。
残念ながら、当社はわずかですが血液採取を伴う検査ですので、
概要などはお応えできませんでしたが、
皆様のご質問から 私共も沢山の学びを頂くことができました。


健康に関する検査機器について、
言うまでもなく、世間の注目度が上がっている
ことに、
健康サポーターを増やしたいという願いを共に抱く、
株式会社エル・スマイル様と私たちとしては非常に嬉しく感じます。
お逢いした方々からのコメントを大事に受け止め、
もっともっと一般に健康リテラシーが向上する、そのお気持ちを大事に、
私たちも精進していかなければ と思った次第です。

何より嬉しかったのは、

●『検体測定室』をご存じない方が 殆どだったにも関わらず‼
●有料であったにも関わらず‼

●天候が雪で交通網が 乱れていたにも関わらず‼

目標人数に程近い方々が、測定に参加頂けたということです。

また、実際に測定をされない方の中にも、
検体測定室イベント出張について 詳細を問われる法人様が多数いらっしゃいました。
2ブースでの測定でしたので、お待ちになる時間がなく、
仕方なくお話だけになってしまった方も いらっしゃいました。
この場をお借りし、混雑時にはお待たせしてしまった事についてお詫び申し上げます。

せっかくなので、測定にご参加頂いた方々の お声をご紹介いたします。

ビジネストレードショーという場の為、
お忙しく時間のとれない経営者様や 営業マンの方が多かったのですが、
やはり、その場でわかるメリットと、医療資格者から個別のアドバイスを受けるという
検体測定室ならではの メリットにご共感頂けたのか、
沢山の嬉しいお声を頂戴致しました。
バリバリ活躍されている 営業マンの方々が、
実は、気にされていた健康上の本音など、
本当に沢山のお声を頂戴し、一部しかご紹介できないのが残念です。
↓↓↓
●意識向上になった、手軽で早い(40代)
●年齢と運動不足から 体調不良気味なので脂質や糖が気になる(30代)
●少し太ったので 健康が気になり始めている(30代)
●手軽にチェックできるので 便利に感じました(50代)
●思ったより結果が悪くて、今やっておいて良かったです。食生活に気をつけ、次回の診断に備えます(40代)
●色々答えて下さって良かったです(40代)
●その場で受けられる 血液検査にメリットは多いと思う(70代)
●定期健診までの合い間で 状態を知ることができる(40代)
●今を知ること(60代)
●食べすぎで健康が気になってた。結果がすぐ出るのがメリット(30代)
●特に健康は気にしていなかったが、これをきっかけに バランスの良い食事を心がけようと思う(30代)
●今の自分を知れて良い。丁寧な説明で分かり易かったです(30代)
●ためになりました、安心しました(40代)
●前を通りかかって知ったが、現状の把握ができて良い。気付きが健康の第一歩(50代)
●時間と労力が少なくてすむ(50代)
●安心が得られる、思ったよりずっと 手軽に使えました(40代)
●手軽に身体の状態がすぐ分かる、結果が良くて安心しました!(40代)

上記の様なお声の反面、まだまだ頑張らなければならないな、と感じるお声も一部頂きました。
↓↓↓
●もっと広告(認知向上)が必要だと思う
●針が怖い人でも 簡単に受けられるようになればいいと思う
●血液量が足りなくて 測れなかった
●機器エラーがあると困る
●項目がもっと多いと良い
●自分の指で(針を)押すのはちょっと怖いです

生のお声を心身に受け止め、
この活動が皆様の 健康リテラシー向上に寄与できます様、
これからも努めて参りたいと思います。

ご参加くださった沢山の方々、また、ご興味をもってお声がけ下さった方々へ、
この場をお借りし、心より御礼申し上げますとともに、
今後のご健康をお祈り申し上げます。