【締切せまる‼】外部精度管理調査(検体測定室)の参加について

2018.05.14 Mon

検体測定室に関するガイドラインでは、年1回以上、
外部精度管理調査に参加することが 義務付けられています。
当社の所有する数台のうち、
前回は『Afinionアナライザー』で行いましたが、
今回は『 コバスb101 』で、
検体測定室連携協議会主催の外部精度管理調査に参加します。


当社が 賛助企業会員として所属する
検体測定室連携協議会では、検体測定室の運営に関するガイドラインを遵守し
、検体測定室を設置する施設について、現在、年2回の外部精度管理調査の機会を提供しています。

第2回目にあたる今回の外部精度管理調査、
申込み締切りは 5月16日(水) !!

第1回を受けそびれた施設様や 新規に開設設置 なされた施設様は、ご参加ください。

協議会会員でなくても 参加は可能ですが、
この機会に会員になると価格も安く、その他のメリットもあり。
(詳しくは検体測定室連携協議会のサイトをご覧頂くか、
当社の問合せサイトより 随時ご質問をお受けしています)

この機会を逃すと、次回は秋以降を予定だそうで、
年1回以上の規則に準ずる為にも お早目の検討をおすすめします。

参加といっても、時間を取って どこかに行かなければならない訳ではありません。
(→当社の第1回目 外部精度管理調査 参加の様子をNewsサイトにて公開中)

血液測定を受けられる 受検者様にとって、
より正確で 安心のできる測定を お届けする為に。

当社はこれにより、 精度管理調査に合格した 測定機器をもって
各種イベントや 民間企業様に お伺いしています

それでは、第2回の外部精度管理調査 結果ご報告をお楽しみに!!