測定項目や検査値を正しく説明するために

2021.11.04 Thu

検体測定室で測る9項目について、受検者へ正しく説明していますか?ポイントは、”正常域=健康” といった誤解をまねかないようにすること。正しい説明方法を身に付け、受検者のニーズへ応えるととともに、健康維持・増進に寄与するサポートを目指しましょう。

検体測定室で受検者さんと接するときに、誤解をまねくような説明や表現をしてはいけません。しかし、これにはあらかじめ、説明におけるシミレーションをしておくことや、注視するポイントを知っておく必要があります。

ここでは、必ずおこなう説明や解説、よくある質問など、押さえておきたいポイントについてまとめました。医療関係の施設内にかぎらず、多くのシーンで開催できる検体測定室だからこそ、適切に説明できるようお役立てください。

目次
  • 検体測定室で説明を要するもの
  • リピートにつながる3つの視点
  • 受検者からよくある質問(実例)
  • 誤認をまねきやすい ”NG例”
  • まとめ

検体測定室で説明を要するもの

検体測定室での ”説明” というと、「測定項目や結果の解説」と思い浮かべる人が、多いのではないでしょうか。たしかに、それも重要です。
加えて、検体測定室は健診や診療の用に供するものではないという特性から、いくつかの説明が欠かせません。

まず、検体測定室に関するガイドライン 第2‐1「測定に際しての説明」に示された、合計11個の項目※1 について説明します。これらは、あらかじめ厚生労働省に開設届を提出する際に、運営責任者として登録した医療資格保有者から、口頭でおこないましょう。

※1 検体測定室に関するガイドライン(抜粋)平成26年4月9日付医政発0409第4号厚生労働省医政局長通知 第2‐1
「測定に際しての説明」を参考に表現を一部編集

【 説明が必要な11項目 】

① 特定健康診査や健康診断等ではなく、これらの未受診者には受診勧奨をしていること。
② 検体(血液)の採取と採取前後の消毒・処置については、受検者がおこなうこと。
③ 受検者の服用薬や既往歴によっては止血困難となるため、測定サービスが受けられないことと、出血・感染等のリスクは基本的には受検者が負うものであること。
④ 自己採血や自己処置ができない人は、測定サービスを受けられないこと。
⑤ 採取方法や採血量、測定項目と測定にかかる時間について。
⑥ 体調や食事時間などが、測定結果に影響を及ぼすものであること。
⑦ 測定結果は、受検者が判断するものであること。
⑧ 測定は診療のためのものではないことと、改めて医療機関を受診の際には、医師が指示する検査を受ける必要があること。
⑨ 針を刺すことにより、痛みや迷走神経反射を起こす可能性があること。
⑩ 採取した検体(血液)は、受検者が希望する項目以外には使わないこと。
⑪ 受検者からの問い合わせ先を明示し、対応できるようにしていること。

リピートにつながる3つの視点

もっとも重要なポイントは、”正常域=健康” といった誤解をまねかないようにすること※2。そのためには、検体測定室そのものが誕生した背景も知っておくとよいでしょう。

背景にあったのは、2013年6月14日に閣議決定された、第二次安倍内閣の経済政策(アベノミクス)における成長戦略のひとつ「日本再興戦略」。この中で、「国民の健康寿命の延伸」をめざした予防・健康管理の推進に関する、新たな取り組みが期待されて誕生したのが検体測定室です。
そして、2014年度予算のなかで厚生労働省が「健康情報拠点事業」として、全都道府県を対象としたモデル事業を実施しました。その結果、運用や留意する点についてまとめたガイドラインが、2014年4月9日に交付されたのです。

つまり、目的は「健康寿命の延伸」であって、健康診断や治療における定期的な血液検査の代わりにはなりません。
上記の11項目について正しく説明するほか、次の3つの視点にも配慮し、
受検者さんをサポートしてみてはいかがでしょうか。

視点①|判断の要素

測定結果から判断するのは受検者さん本人ですが、そこに不安がある場合、さまざまな質問が投げかけられます。
あらかじめ、質問に対する答えを用意していても、皆さんが一律に、同じ質問をされる訳ではありません。また、適切に回答したとしても、人によっては良い方向(もしくは悪い方向)に偏って解釈される人もいます。さらに、方言が加わったり、耳が遠かったり、スタッフの頷く様子を肯定的と解釈されたり…。
さまざまな要素によって、偏りのある判断はうまれるものです。
受検者さんが適切な判断ができるように導くことも、測定に従事する方々(運営スタッフ)における、大切な役割の一つでしょう。

視点②|リテラシー向上

測定にのぞまれる受検者さんは、何かしらの目的があって受けようとしています。言いかえると、健康に対し意識されている人といえるでしょう。こういった人に対して、一様に同じ説明や提案をするのは勿体ないもの。
すでにお持ちの知識や知りたい情報について適切に共有し、受検者さんのヘルスリテラシーが向上されるよう、個別ニーズに応えましょう。

視点③|ひも付けNG

ガイドラインにも明記されています※3が、測定結果にひも付けるかのように、商品やサービスを提案してはいけません。このとき、表立って提案するほか、検体測定室内に陳列や掲示をするというような、紛らわしいものにも注意しましょう。
また、測定結果を疾病とひも付けるのもNGです。たとえば、血糖(HbA1c)が正常域よりも高い値のとき、「糖尿病の可能性がある」ということは控えましょう。
検体測定室の測定における範囲は、健康診断の域を超えません。値が正常の範囲外をしめす、ほかの理由を調べることは不可能です。
もし、受検者さんから質問を受けたら、お伝えすべきでない理由もしっかりと説明しましょう。

※2 検体測定室に関するガイドライン(抜粋)平成26年4月9日付医政発0409第4号厚生労働省医政局長通知(通知冒頭の部分を一部抜粋)

『 医師の診断を伴わない検体測定事業の結果のみをもって、利用者が健康であると誤解するといった事態も生じかねないため、利用者への健康診断の定期受診の勧奨を求めるとともに、血液に起因する感染症を防止する観点等から、適切な衛生管理や精度管理の在り方等の検体測定事業の実施に係る手続、留意点等を示したガイドライン(検体測定室に関するガイドライン)を別紙のとおり定めた。 』

※3 検体測定室に関するガイドライン(抜粋)平成26年4月9日付医政発0409第4号厚生労働省医政局長通知 第2‐24

『 検体測定室では、測定結果をふまえた物品の購入の勧奨(物品の販売等を行う特定の事業所への誘導を含む。)を行わないものとする。 』

受検者からよくある質問(実例)

検体測定室はまだ、認知度が高いとは言えません。受けたことのある人よりも、初めて、もしくは数回目という人のほうが多いでしょう。
測定された受検者さんから、よくある質問で多いのは次のようなものです。これらの質問に適切に答えることができるよう、運営スタッフの研修は欠かせません。

 【 よくある質問 】 
  • この値は危険ですか?
  • この値なら、心配ないですか?
  • 一般的に見て、どうですか?
  • ほかの人と比べると、高いですか?

誤認をまねきやすい ”NG例”

診療や予防といった、紛らわしい表現はさけましょう。たとえば、”診”という字も診療や健康診断を連想させるため、「ワンコイン健診」や「ゆびさき健診」といった表現はNGです。
また、「健康診断うけていますか?」といった呼び込み文句も、人によっては健康診断の代わりになるというふうに、誤解されるかもしれません。

そして、測定結果の説明では、年齢や基礎疾患、治療を受けているかどうかによっても判断のしかたが異なります。服薬や通院について、自己判断をしないように伝えることも大切でしょう。
受検者さんごとの背景を適切に把握した上で、検体測定室で受けた説明が、治療の妨げとならないように配慮することも必要です。

まとめ

以上より、検体測定室での説明には誤認をまねかないようにするために、数々の配慮が必要です。測定項目や結果などの必ずおこなう説明にくわえて、のぼりやポスターといった告知に関するものや、配布物にも注意しましょう。
そして、受検者さんの解釈が偏らないように、個別のニーズと課題にそった情報共有や提案、受診勧奨をおこなうことが大切です。


※この記事は2021年11月時点の情報です。ガイドラインの改正などにより、手続きや届出等に変更がある際には、現状をご優先いただきますようお願いいたします。この記事が、これから検体測定室を検討する際にヒントとなりましたら幸いです。

さいごに、これをお読みくださった方の検索にかける時間や労力が、ほんの少しでも減らすことが出来ますよう、心よりお祈り申し上げます。