HbA1cと血糖値の違い【検体測定室での解説方法~血糖編~】

2021.12.08 Wed

HbA1cと血糖値のちがいを分かりやすく解説できていますか?検体測定室で測定する9項目について説明をするとき、受検者さんの認識や理解度、疑問をもつ部分はさまざまです。誤解をまねきにくい伝え方で、受検者さんが目的をもって継続的に血糖をコントロールすることへ寄与するサポートを目指しましょう。

医療従事者にとって当たり前の情報や知識は、一般的に認識されているものと一致しないこともあります。HbA1cや血糖値といった、検体測定室で測定する項目もその一つでしょう。
受検者さんへ説明をおこなうときには、細かくなりすぎても犬猿されがち。情報は正しく、そして誤解をまねくことのないように伝える必要があります。

今回は、血糖に関する説明の仕方について、よくある誤解とともにまとめました。

目次
  • ”血糖値“における「認識」の違い
  • 受検者からの、よくある誤解
  • 検査内容を理解する必要性
  • まとめ

”血糖値“における「認識」の違い

検体測定室で「糖」に関する測定項目は、HbA1cと随時血糖値(略称:Glu、BS)の2つ。ここで、検査値について知識を持つひとなら、この2つの違いを説明できることでしょう。
しかし、糖尿病とともに生きているひとや、ほかの疾患からの合併症や副作用として血糖が上がってしまっている
ひとをのぞき、この違いを詳しく知る機会の少ないひとの方が多いかもしれません。

ちなみに、医療機関で糖尿病かどうかを診断するためにおこなう、血液検査の項目で代表的なのは次の6つ。さらに、この中で「血糖値」と呼ばれるのは、空腹時血糖と随時血糖値、そして75gOGTTによるものの3つです。この3つは、測定時点における血液中のブドウ糖(glucose)がどのくらいあるかを測ります。

一方、ほかの検査項目の測定する対象はブドウ糖ではありませんが、これらの検査を組み合わせることで、長期的な血糖コントロールを診ることができるのです。

  • ●空腹時血糖値
    (略称:FPG、fasting plasma glucose)
    最後の食事から10時間以上あけて測る血糖値のこと。インスリンの働きや状態をしめす指標となる。
  • ●随時血糖値
    (略称:Glu、glucose)
    食事とは関係なく測る血糖値のこと。食後どの位での測定なのかを見ることで、食後血糖値の推移を推定することができる。
  • ●75gOGTTによる血糖値
    (oral glucose tolerance test)
    空腹時に75gのブドウ糖を溶かした水を飲み、30分後、1時間後、2時間後に採血して測る血糖値のこと。インスリンの働きや状態しめす指標となる。
  • ●HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)
    血液中の赤血球成分”ヘモグロビン“に、ブドウ糖が結合したもの。これを全体のヘモグロビン量に占める割合として、%で表記される。約1~2カ月前における血糖の変動をしめす指標となる。
  • ●グルコアルブミン
    (略称:GA、glycated albumin)
    血清中におけるタンパクの一種”アルブミン“とブドウ糖が結合したもの。HbA1cと同じく%で表記されるが、約1~2週間前の血糖の変動をしめす指標となる。
  • ●1.5AG(イチゴエイジー)
    (1.5アンヒドログルシトール)
    血液中に一定の量で存在する糖アルコールで、ブドウ糖の次に多いもの。高血糖状態でおこる尿糖にともなって1.5AGも尿に排出されることで、相対的に血液中の濃度が低下するのを測る(単位はμg/ml)。1~数日間前の血糖の変動をしめす指標となるほか、食後高血糖の確認にも有用。

 

【 知っとくコラム① 】漢方薬や認知機能サプリが、検査値に影響!?

「市販されている医薬品やサプリメントは、医療用医薬品ほどリスクが高くないので安心」と、思っていませんか?
じつは、それらのものでも病院でおこなう血糖検査値へ影響をあたえるものがあります。なかでも注意したいのは、漢方薬や生薬の成分を含むサプリメント、健康食品です。
検査項目のうち、 ”1.5-アンヒドログルシトール(以降、1.5-AG)” において異常値をしめすことがあります。
この1,5-AGは、ブドウ糖(グルコース)とよく似た構造をもち、天然にも存在する糖アルコールの一種です。本来は高血糖の状態になると血液中の濃度が低くなるのに対し、こうした成分を多く摂ると血液中の濃度が下がらずに高く推移してしまうことも。
ただ、1.5-AGは
幅広い食物に含まれていますが、量が多いとされる大豆でも0.02%とごくわずか。ふだんの食生活ではほとんど気にする必要はありません。

一方で、生薬成分の「オンジ」を多く含むとされる漢方薬(人参養栄湯や加味帰脾湯、葛根湯、大柴胡湯など)では注意が必要です。
ある調査※で、4週間ほどオンジエキスを飲んでから測定した1.5-AGは、飲む前とくらべて明らかに高い値をしめしたといいます。さらにこれを中止し、もとの値に戻るまで4週間かかったそうです。
このオンジは、漢字では遠志と書きます。その名がしめすように ”志を強くし、もの忘れを治す“ といわれ、最近では認知機能に関する健康食品で注目を集めています。

多くの食品素材における開発がすすみ、ヘルスケアに関する選択肢の増えた現代では、さまざまな視点から健康を見つめる必要があるかもしれません。

健康診断や血液検査をうける前には、こうした知識のほか期間的にも余裕をもって、準備をしておくことが大切でしょう。
 ※参考:「オンジを多く含む漢方薬(人参養栄湯)の血清1,5アンヒドログルシトール(1,5AG)値に及ぼす影響」J.Japan Diab.Soc.45(8):583,2002 

受検者からの、よくある誤解

HbA1cの数値が高く出たときに、「食後だからね」というひとがいます。これは、健康診断でその結果について説明は受けるものの、検査項目の内容については詳しく知る機会が少ないことも、理由の一つではないでしょうか。
こうした誤解をとくことのできる環境という視点でも、検体測定室をうまく活用しましょう。

 【 よくある誤解 】 
  • 食前の測定なら、HbA1cはもっと低いはず
  • 中性脂肪と血糖に関する値は関係ない
  • HbA1cは病院に行かないと測れない
  • 血糖値は空腹時に測らないと意味がない

【 知っとくコラム② 】ヘモグロビンと、HbA1cはどう違う?

1968年にイラン人医師 Rahbarによって発見されたHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)は、長期的な血糖のコントロールに有用な検査として、現代でも一般的におこなわれています。
このHbA1cと、貧血の検査項目としてよくみるヘモグロビン(Hb)との違いを知っていますか?

まず、「ヘモグロビン(Hb)」は赤血球に含まれているタンパク質のひとつで、酸素を身体のすみずみに届ける役割を担い、ひとが呼吸をするために欠かせません。
これは、「グロビン」と呼ばれるアミノ酸の重合体と、鉄(ヘム)が4つ結合した形で存在しています。そして、そのグロビンの種類や数などによってHbAやHbF、HbS、HbA2といった区分に分けられます。
つまり、Hbはこれらの総称。ただし、ひとは生後6カ月をこえるとHbのうち96%以上を、HbAが占めるようになるため、Hb≒HbAとして扱われることが多いのです。

つぎに「HbA1」は、HbAに糖が結合してその分子がマイナスに荷電したもの。この結合のしかたによって、HbA1cとそれ以外のHbA1bなどに分かれます。
そのなかでも大多数を占めていて、1~2カ月間において安定な結合の形式(ケトアミン結合)をとるHbA1cが、検査の指標としてつかわれています。検査値の単位が%なのは、全体のHb量に対するHbA1c量の割合として表しているためです。

簡単にいうと、HbA1cは健康なひとでHbのうち4~6%ほどしかない、糖とくっついた異常ヘモグロビン。これが高く推移していれば、おのずと、身体にとって負担になっているというイメージが持てるかもしれませんね。

検査内容を理解する必要性

多くのひとが、年に1回はうけている健康診断。しかし、その結果をふり返り、ふだんのライフスタイルで実践に移すことのできるひとは少ないかもしれません。
これは、その検査値がどうして上がったのか、下げるには何をすればよいのか、知る機会が少ないからというのも理由のひとつでしょう。
より具体的なアクションを導くために、まずは検査内容を理解するところから始めてみませんか。

段階にわけて、つぎの3つのステップで取り組んでみてください。専門的な知識がなくてむずかしいと感じるひとは、かかりつけの医師や薬剤師に聞いてみましょう。※ここでは検体測定室で測ることのできる、随時血糖値とHbA1cについてあげています。

Step①把握|数値が上がった理由

甘党ではないのに血糖に関する値が高いというひとは、中性脂肪やほかの検査値も気にしてみましょう(薬剤性や二次性糖糖尿をのぞく)。一般的に、筋肉量が少なく中性脂肪の多いひとでは、糖の利用率があがらないために血糖が高くなりやすいと言われています。
また、検査前に(HbA1cでは値がさししめす対象となる期間)、交感神経刺激作用のある風邪薬や鼻炎薬などを飲んでいませんでしたか?それらのうち、”マオウ“という生薬成分が含まれた医薬品やドリンク剤などでは、グリコーゲン分解作用によって血糖値が高くでる可能性もあります。

Step②検討|数値を下げるには?

血糖のほかに異常な検査値の項目がなかった場合にも、結果表をよく見てみると、数値を下げるためのヒントが隠れていることもあります。たとえば、中性脂肪が正常域のなかでも高めであったり、筋肉量が少なめであったりと。
まずは異常をしめす数値に注目するのが大切ですが、正常域のなかにある数値でも改善が見込めるものはありませんか?
身体のバランスを総合的に考え、より良い健康状態へとむかって取り組むことが、結果として血糖を改善することにもつながります。

Step③実践|目標にあった実践

どの数値をどのくらい下げたいか目標が決まったら、いよいよ実践です。
食生活がきちんとしているひとなら、運動や睡眠などで取り組めそうなことを1~3つくらい挙げてみましょう。たとえば1日3分の運動でも、インナーマッスル(深層筋)を鍛えるものか、糖の代謝に関わる速筋(そっきん、白筋ともいう、瞬発力にすぐれる筋肉)を鍛えるものかというように、目標は異なります。
一方、食生活で改善する方法が分からないときは、調味料の濃さや食品素材そのもののもつ栄養価などに、視点をずらして見ることもおすすめです。

まとめ

検体測定室に期待されていることが数々あるなかで重要なのは、受検者さんの行動変容に寄与することでしょう。
また、検査内容について理解を深めることで、糖尿病をはじめとした直線上にある生活習慣病についても、予防の意識が高まるはず。
さらには、将来的に糖尿病と診断された場合には、治療にたいして前向きに取り組みやすくなるのではないでしょうか。

医療機関では目的に応じたさまざまな検査があるものの、個別のニーズに応じて情報を共有する環境が十分であるとは言えません。
簡易検査をあつかう検体測定室だからこそ、これらも広く情報発信の場として活用していけたらいいですね。


※この記事は2021年12月時点の情報です。ガイドラインの改正などにより、手続きや届出等に変更がある際には、現状をご優先いただきますようお願いいたします。この記事が、これから検体測定室を検討する際にヒントとなりましたら幸いです。

さいごに、これをお読みくださった方の検索にかける時間や労力が、ほんの少しでも減らすことが出来ますよう、心よりお祈り申し上げます。