推薦者の声

リテラブーストは、医療系資格に捉われることなく、様々な専門家からのご指導やサポートを頂き、
お客様にとことん ご満足いただける、細やかなサービスご提案を目指し 精進して参ります。

リテラブーストと出逢って、薬剤師さんや薬局を選ぶ目線が変わった!」

やすかわ行政書士事務所 代表 安川政惠様
安川 政惠さん
(障害福祉専門 行政書士)
やすかわ行政書士事務所 代表

薬局で検体測定室を立ち上げるための、機器購入や補助金申請など ご相談いただけます!
やすかわ行政書士事務所 公式サイトはこちら

https://jigyouassist.com/

私は、障害福祉サービス施設指定申請を 強みとする行政書士ですが、リテラブーストさんから補助金の相談を受け、検体測定室で扱う測定機器の購入における、補助金獲得の支援をいたしました。
当初、このご相談を頂いた時には、言葉は悪いのですが、単に補助金を獲得し、事業展開におけるコスト削減を目指すものと思っていました。しかし、代表の曽川さんの想いは、その想像の域を超え、自身のお客様の悲痛な想いを解消するために、取り組まれていたのです。

「苦しい立場の中小薬局さんに、ハード面もサポートできる実体験を学びたい!」

曽川さんは、自社コスト削減というより、お客様にとって苦しい部分の力になれる 実体験を学ぶために、私にご相談なさっていたのです。
私は曽川さんから、今まで深く気にとめていなかった 様々な事由を学びました。調剤報酬改定の度に苦しくなる 中小薬局の経営、薬剤師・薬局バッシング、需要と供給の不釣り合いな 薬剤師の雇用状況など…。

私ごとですが、20196月の独立開業前、医療費適正化支援をおこなう会社で 8年間の営業経験があり、畑は違えど、医療業界に深く携わってきました。そしてもう一つ、私には、闘病経験があり、公私ともに医療機関に 長く向き合ってきた経緯があります。とはいえ、薬局や薬剤師さん個人で、印象に残るプラスイメージは、殆ど無いに等しかったのです。
曽川さんの志「あなたに聞けて良かった!」そのセリフ。まさに私は、曽川さんに言っていました。あとからそれを聞いて、身震いしたのを今でもしっかり覚えています。
現在の曽川さんは 薬局勤務薬剤師ではないけれど、私の「かかりつけ薬剤師」です!曽川さんのような薬剤師が増えたら、もっと救われる患者がいる、心からそう思います。

これから検体測定室の開設やイベント、セミナー企画、その他、色々な事業展開をお考えの、薬局さん、薬剤師さんは、是非一度、曽川さんに、その想いを 打ち明けてみては如何でしょうか。きっと、「難しい、分かり難い!」と感じる あなたのお悩みに対し、他へ丸投げせず、自らも主体的に学んだ知識や体験を 惜しげもなく提供し、相談にのってくれる筈です。

楽しく続けられるセルフメディケーションを、身近に発信する同志!

ファンメディケーション株式会社 代表取締役社長 森本滋久 様
森本 滋久さん
(セルフメディケーション・ディレクター)
ファンメディケーション株式会社
代表取締役

ヘルツケアコンテンツ制作など ご相談いただけます!
ファンメディケーション株式会社
公式サイトはこちら
https://funmedi.co.jp/

私は、ヘルスケアコンテンツの専門編集者を始めとする クリエイター陣とともに、情報発信をサポートしていますが、リテラブーストさんとは、私が第一線で手掛けた 健康イベントで知り合いました。

当初の私は、「検体測定室」を健康イベントで開設したい!ということがメインで、きちんと測定を含めた開設・運営を行って頂ける企業ならお願いしようと、…言葉は悪いのですが、ただそれだけでした。
しかし、代表の曽川さんは、私の想像の域を超え、確固たる志をもって 取り組まれていたのです。私は、曽川さんからイベント準備中の 何気ない会話で聞いたセリフが忘れられません。

(患者さんからあなたに聞けて良かった!そう感じて頂けるきっかけを 医療現場だけでなく、もっと身近で楽しめる場所にも 発信していきたい。薬局の中だけにいたら、薬局を利用しない方にとって、セルフメディケーション情報が得られる きっかけが少なくなってしまう」
そう聞いた瞬間、私は 鳥肌が立ちました。

さらに、曽川さんの仕事に臨む姿勢や 活動内容を見て、私と合致していると感じたのです。
私は自身のビジネス信条にも掲げていますが、「生活者が集まる場」 「ヘルスケアに関わる企業」 「医療専門職」 「行政」の4つのパートナーを繋ぐことが、セルフメディケーション・ディレクターとしての 使命だと思っています。

健康イベントだけでなく、フィットネスクラブで毎月運営の検体測定室や、メディカルライターとしての情報発信、行政施設や 一般企業への 出張健康セミナーなど、その活躍の幅は、まさに私自身の 志を確信するような パワーチャージを貰った、といっても過言ではないかもしれません。

曽川さんのような薬剤師が増えたら、もっと沢山の人が セルフメディケーションに興味が深まり、楽しみと目標を持ちつつ、さらに日本が健康になる、心からそう思います。
これから検体測定室の開設やイベント、セミナー企画、その他、色々な事業展開をお考えの、薬局さん、薬剤師さんは、曽川さんに その想いを打ち明けてみてください。きっと、医療現場だけの 視点では気づけなかった、ダイバーシティあふれる視点で 相談にのってくれる筈です。

「分かり難い」を「分かりやすい」に相手目線で考える同志

山野井 孝典さん
(投資・節税・還付申告もお任せ国際相続税理士)

私は、国際相続の専門税理士をしていますが、曽川さんとの出逢いは、志師塾という先生業のための業界No.1スクールです。このスクールは、Webに関するノウハウを伝授するところですが、自分自身のセールスポイントを見つけ出し、立ち位置を確立させることを 主目的としており、はっきり言えば、自分に対する気づきとなった場所でした。

私たちは、お互いにモノを売る仕事でなく、自分たちが持つ、知識経験や特別なノウハウで、お客様に貢献することを 仕事にしています。

専門分野は、曽川さんが薬剤師、私が国際相続税理士という事で、一見遠い畑のようだけれど、目的は同じく、お客様のために 仕事をするという志のもと、スクールでは互いに 向上心を磨き合い、高め合うという姿勢が、私にとって 多忙な時期や疲れの溜まったタイミングでは 後押ししてくれるパワーになりました。

私は、国税局時代に国際税務専門官として その功績から国税局長より3度の表彰受け、一般的な税務は網羅しつつ、ハワイ不動産や海外財産相続に特化した、言ってしまえばニッチなニーズを専門としていました。曽川さんもまた、検体測定事業という 世間にも業界にも周知度の低い、ニッチなニーズであると 認識しています。

互いに、突然、必要性が生まれたお客様にとって、「分かり難い」部分を、相手目線で「分かりやすい」へ、安心を感じて頂けるよう、取り組んでいきたいという 同志です。私は、自身のお客様に「自分ではどうにもできなかった、煩わしい手続きや相続税のことから解放され、こんなすっきりした気分になれた!」と感じて頂けるような、お手伝いを目指しています。

そして曽川さんは、「自分で調べなくても 情報提供してくれたので、薬局業界の検体測定室に関する動向や、やるべき手順が楽にインプットできてLucky」と感じて頂けるような お手伝いを目指していると聞き、その想いに共通部分を感じたのです。

これから検体測定室の開設やイベント企画をお考えの、薬局さん、薬剤師さんは、ぜひ曽川さんに、その想いを打ち明けてみてください。きっと「難しい、分かり難い!」と感じるあなたのお悩みに対し、一つひとつ丁寧に 相談にのってくれる筈です。

あなたも曽川さんの にっこり笑顔に癒されつつ、お仕事をブーストアップ してみませんか!