【告知】11/28(火) 29(水) 検体測定&ストレッチのコラボイベントを開催します

2017.11.11 Sat

たった30分間で驚くべき2つの『解き』!筋肉・血液の~モヤモヤ~がすっきり!!
ストレッチ専門店と検体測定室のコラボイベントを開催します。丸の内線「新大塚駅」から30秒!
2日間限定!特別価格のため予約数に達し次第締切です。お早目にご予約ください。

こちらの画像をクリックすると予約兼お問合せサイトに飛ぶことができます!

「たぶん大丈夫」 (曖昧)「●●だから大丈夫」 (安心) へ »»»血液の解き

「動かせない」(諦め)「動かしたい」(前進) »»»筋肉の解き

血液検査(検体測定)とストレッチ、どちらも実は、運動前にこそおすすめしたいのです。
もしも 以下のようにお考えなら、ちょっとだけ聞いてほしい。

血液検査は、具合の悪いときか、健康診断でやるものだ
ストレッチは、怪我をしないためのものだ
 

病気でなくても、今現在の
血液の値を知り、耐糖能や貯蓄エネルギー源の程度を把握することには意味があります。
耐糖能とは、一言でいうと、ブドウ糖からエネルギーに変換する能力。
これが高血糖状態などで低下していると、食事を摂っても、しっかりとエネルギーへの変換が出来ません。
貯蓄エネルギー源で代表的なのは中性脂肪です。
過剰だと肥満や動脈硬化の原因にもなりますが、少なすぎても、疲労蓄積や免疫能低下の原因となってしまいます。
どちらも丁度よい値を確信した上で、運動(エネルギー消費や筋力Upなど)に繋げることが大切なのです。

ストレッチでお伝えしたいのは、本来の可動域を発見するにはコツがあるということ。
日常生活のなかで、身体は癖や凝りにより、
本来の可動域が狭まっている方が少なくありません。
痛い所だけ熱心に伸ばしても、痛くない域まで自己流で伸ばしても、
 本当はターゲットは別にあるかもしれないのです。そのターゲットを知る事ができれば、
おこなう運動のパフォーマンスは向上し、結果に結び付くこと間違いありません!
 
血液検査で値からみる安心感と、ストレッチで「動かしたい」へ前進する
そんな特別体験イベントをご用意しました!
このイベントは、2つの『解き』を実感して頂くための特別体験ですので、測定後や体験後に入会等を勧めるものではありません。

動きやすい服装で、どうぞお気軽にご来店ください!ご予約お待ちしております!
(恐れ入りますが、ストレチックス新大塚店を初めてご利用頂く方への、初回限定サービスとさせて頂きます)。