主催セミナーレポート#1|検体測定室オンラインセミナー2020.6.28

2020.06.30 Tue


この度の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により、健康および心身の被害を 受けられた多くの方へ、謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早いご回復を 心よりお祈り申し上げます。
そして
多くの 薬局様におかれましては、突然の物品備蓄難および 設備投資ならびに、来局患者数の減少によります 多大なご心労を お察し申し上げます。

6月は例年として薬局業界の比較的、閑散期にあたります。
地域へむけた、健康イベントや セミナーなどを企画されていた薬局様も多いと思いますが、その多くが、延期や開催困難となりましたことでしょう。

昨今のセミナーや研修における形態が、リアルからオンラインへと大きく移行している中、当社でもオンラインにて、検体測定室に関する情報発信を始めました。
以前より、YouTube配信「検体測定室おしえてチャンネル」は行っていましたが、セミナーという形でのオンライン発信は、初めての試みです。YouTube検体測定室教えてチャンネル

その内容は、検体測定室のイベント開催ができる環境に 戻った時にむけて、少しずつ知識の土台を固め、理解を深めながら自信をお持ちいただけるようなものです。

検体測定室トピックス|動向薬局様などに、直接お伺いして行う セミナーとの大きな違いは、オンラインセミナーでしか出来ない要素も組み込んで、参加者皆様と ブラッシュアップ していくこと。
zoomの機能のうち、chat(チャット)や投票(アンケート)、反応(の仕方)、複数カメラ、など初心者でも楽しんでインプット頂けるようなアイスブレイクも。
これからの薬剤師・薬局業界は、対面相談に加え、オンライン相談も増えるであろうことは 想定の範囲内かと思います。
本格化した時に「zoomやったことないから不安……」とならないよう、練習の場としての意味もあり、ご参加頂いた方もいます。

本題としては、以下の内容で休憩10分を挟み、90分間のセミナーです。

  1.  検体測定室トピックス
  2.  実演
  3.  参加者の実習&サポート
  4.  結果解説のポイント

例えば、検体測定室トピックスでは、2014年4月から、どのようにその設置数や周知度、ガイドラインの改正が行われてきたか。2020年春のCOVID-19により、どのような影響があったのかなど、開催時にすぐに使えるような、時事ネタも紹介。

Afinionアナライザーの試薬を使って実演する動画のスライドと、その注意点実演では、実際のイベント会場で撮影した、消毒~穿刺~充填~機器挿入までの 一連動画にてイメージをつかんで頂いてから、実際の手技も 披露しました。
※YouTube「検体測定室おしえてチャンネル」:Afinionアナライザーに検体を充填する動画

結果解説では、実際にイベントを開催する上で、受検者からよく聞かれる質問を例題に、答えかたのポイントについて紹介。

開催後には、ご参加いただいた5名の先生方(薬剤師・獣医師・柔道整復師)から、とても嬉しいご感想を頂戴しました。その一部がこちら↓。

  • 「大変参考になりました。実演とても面白かったです!」
  • 「本日の内容、わかりやすくて良かったです。参加者の方々も熱心な方ばかりでしたね。私ももっと上手になりたいです」

最後に、この場をお借りしまして、
セミナー構成やトラブル対策をしてくれた リテラブーストメンバーの薬剤師さん、ご参加頂いた各有資格者の先生方、公式サイトにて ご案内を賜りました 検体測定室連携協議会様 に、心よりお礼申し上げます。

この緊迫した状態が一刻も早く収束し、皆様が健康・健全な生活に戻れること、
そして、薬局がより一層、一般の方々の身近な健康相談の拠点であるという 情報発信をおこなえるようになりますことを、切に願っております。