ブログ

中性脂肪やコレステロールの誤解【検体測定室での解説方法~脂質編~】

脂質異常症など生活習慣病における基本的な知識は、40歳をこえると始まる特定健康診査(特定検診、いわゆる”メタボ健診”)などの取り組みもあって、広く知られるようになってきました。ここでは、検体測定室で測る脂質4つ(中性脂肪 […]

HbA1cと血糖値の違い【検体測定室での解説方法~血糖編~】

医療従事者にとって当たり前の情報や知識は、一般的に認識されているものと一致しないこともあります。HbA1cや血糖値といった、検体測定室で測定する項目もその一つでしょう。 受検者さんへ説明をおこなうときには、細かくなりすぎ […]

2021世界糖尿病デーと検体測定室の関わり

  検体測定室では糖尿病に関する項目を2つ測ることができます。これを日頃から、目標値をたてて自己管理していますか?その重要性について考えるきっかけを得ることができるのも、検体測定室におけるメリットの一つ。 ここ […]

外部精度管理調査に参加する意味と流れ

2021年11月の第9回から、“脂質” 測定における調査も始まった外部精度管理調査。測定機器の精度を確認するため、年に1回以上は参加することと、ガイドラインに明記されています。この調査への参加は既存の血糖(HbA1c)と […]

測定項目や検査値を正しく説明するために

検体測定室で受検者さんと接するときに、誤解をまねくような説明や表現をしてはいけません。しかし、これにはあらかじめ、説明におけるシミレーションをしておくことや、注視するポイントを知っておく必要があります。 ここでは、必ずお […]

穿刺針の選びかた&注意点について

検体測定室で扱う穿刺針(以降、針)は、本体ごと1回使い捨ての ”完全ディスポーザブル” でなければなりません。さらに、管理医療機器として管轄の保健所に届け出たり、廃棄には感染性廃棄物として定められた廃棄処理をおこなう必要 […]

いくら必要?検体測定室の開設~運用におけるコスト算出

2021年9月末で全国の検体測定室件数(常設)は、2,073件まで増加。COVID-19影響で一時期0件となった期間を限定して開設する件数も、少しずつ回復してきました。 一方で、その運営には、コスト(経費)や時間、人財な […]

異業種対談レポート#2【薬剤師×柔道整復師×技術者国家資格の受検講師×労働安全コンサルタント】

今回から参入の、柔道整復師の佐々木 純氏は、NPO法人 鎌ヶ谷スポーツクラブ「 KAMAGAYA SC 」にて、「かけっこ教室」などスポーツを通じて地域の夢を実現する活動とともに、健康コンサルタントとして民間企業にも出向 […]

第6回|外部精度管理調査「コバスb101」【動画で解説】

検体測定室を運営する上で必要な「外部精度管理調査」というものがあります。当社も毎年おこなうこの調査に、今回は「コバスb101」で参加。一連の流れや注意点、コツなどを動画にまとめましたので、薬局関係者や薬剤師さんなど情報収 […]

異業種対談レポート#1【土木建築技術者×実務系国家資格の受検準備講師×薬剤師】

新型コロナ感染症予防対策のため、リアルで会場へ足を運び受ける講習会も 中止や延期になっています。 国家資格や各種資格をとるため、必死に勉強してきた人にとっては、先の見えない目標となったことでしょう。日々、不安にお過ごしの […]

連携企業レポート#1|ZOOMオンラインセミナーでボイトレ体験!

新型コロナ感染症予防対策のため「三密」を割けて、イベント参加だけでなく、お稽古やセミナー参加を控えている人も多いですね。 そんな中、当社の多職種セミナー連携企業の講師で、 ボイストレーナー 渥美隆平さんが主催する「オンラ […]